車買取の査定に出す前に必要な書類を準備しておこう|車を45秒で高く売る方法?【車査定ランド】

車買取の査定に出す前に必要な書類を準備しておこう

車買取では、売却する車の登録情報を変更する必要があるので、官公庁へ提出する書類などを準備しなければいけません。書類における所有者を変更できない場合はせっかく合意した取引そのものが中止されてしまうため、事前にリストアップして1つずつチェックしておくのが、スムーズに売却するコツです。

車買取で必要となるのは所有者変更のための書類

車買取で必要となる書類では、車の詳細な情報が記載されている車検証と自動車の税金の納税証明書が共通しており、義務づけられている自賠責保険の保険証も提出する必要があります。いずれも期限内であることが必須条件で、もしも税金の未納や自賠責保険の期限切れとなっていたら、所有者の変更ができない理由から断られてしまうので要注意です。万が一、一部の書類を紛失していたら、すぐにそれぞれの発行元へ手続きをして、再発行をしてもらいましょう。車検切れが近くなっている状況での車買取では、再発行にかかる時間も惜しいので、早めに車の助手席側のグローブボックスを開けて、全て揃っているかどうかを確認しておくべきです。

不足している書類があったら再発行を依頼しよう

車検証は、常にその車の中に保管しておくことが法律で義務づけられており、第三者に対して所有権を主張する根拠でもあります。運輸支局で再発行の手続きを受け付けているので、代行サービス等を活用しながら速やかに入手しておきましょう。それから、自動車税の納税証明書については、税事務所などで再発行してもらえるから、同じく早めに確保しておくべきです。税金に未納分がある場合でも車買取はできないから、最新の請求書を放置している方はすぐにでも納付しておき、査定後にそのまま売却できる態勢にしておくことをお勧めします。自賠責保険への加入は車検時に行われているケースが大部分であり、加入した保険会社に問い合わせれば、保険証の再発行の手続きを進めてくれます。

実印と印鑑証明書の扱いには細心の注意を払おう

普通自動車の車買取では必須の実印と印鑑証明書ですが、本人の意思を証明するものだけに取り扱いには細心の注意が必要です。車の名義変更などは車買取のお店に代行してもらうのが一般的で、その際に間違いなく本人が委任した代理人と証明するために使用します。主に委任状と譲渡証明書が対象であり、きちんと書面を熟読してから押印するのが鉄則です。実印と印鑑証明書がセットになることで強い法的効果が発生するので、くれぐれも出された書類に反射的に押印しないように気をつけましょう。また、余った印鑑証明書は、車買取の手続きが終わった時点で全て裁断した上で破棄して、外部へ流出する可能性を潰しておくと安全です。

まとめ

預託したリサイクル料金を証明するリサイクル券や、住所変更をした場合の住民票なども重要ですが、車検証といった必要な証明書が揃っていることが第一であり、最新の内容でないと車買取を進められません。不足している書類はすぐに再発行をしてもらって、万全の態勢で査定に臨みましょう。なお、整備点検記録簿などがあると査定アップだから、純正品の類はなるべく大切に保管しておくとベターです。

オススメ記事

ズバット車買取比較

車の買い換えの際、提示された下取り金額に驚いたことはありませんか。ズバット車買取比較を使って、数社から見積もりをもらえば、きっと自分の納得できる金額で下取りしてもらうことが可能です。諦めずに行動してみましょう。

かんたん車査定ガイド

車の査定を簡単に一括で行える、かんたん車査定ガイドを利用して、納得の価格で車を売却しましょう。スマホで簡単に入力することができますので、車屋さんで商談中にもこっそりアクセスできちゃいますね。自分の条件にあった買い取り価格を実現してくれますよ。